色んな人に愛される風俗を、この前見つけましたよ!

色んな人に愛される風俗

オナホを使って

投稿日:2016年4月17日

デリヘルを使ってやってきたのはA子ちゃん、今回は普段自分で使っているオナホールをA子ちゃんに持ってもらって抜いてみることにしました。A子ちゃんはオナホを渡すとすぐに理解してくれたようで、オナホを手で被せてくれました。そのまましごきを開始、最初はゆっくりやっていたのですが、次第に動きが早くなっていき、もうすぐというところでピタっと動きが止まってしまいました、あれって思って見てみるとA子ちゃんは悪戯顔で笑いながらこっちを見ていて、プレイとしてしっかり理解していたのか偶然なのか分かりませんけど、やっている行為にはぴったりの行動で興奮を隠せませんでしたね。そして再開、今度は一気にオナホの中に白い液体を放出、A子ちゃんはオナホを外して中身を手の中にあけてくれました。結構な量が発射されており、A子ちゃんはそれを体に塗りたくってくれましたね、その後は一緒に入浴し、そこで背中を流してもらいました。しかしA子ちゃんの精液がなかなか落ちずにちょっと大変でした。

父の日は乳の日

巷では母の日にプレゼントを上げたりしますが、父の日は今一つ存在感が薄い気がします。日々リストラの恐怖に怯えながらコツコツ働いている日本のお父さんは、もっと尊重されてもいいと思うのです。自分もそんなお父さんというか、子供が独立したのでいつかはおじいちゃんです。古女房にも粗末にされる日々ですが、日々頑張っているんです。当然父の日は毎年スルーです。昨年は好景気に乗っかった事もあり、臨時収入もあったので年がいもなくデリヘルを利用しました。会社の若いもんの話をたまたま聞いて、利用法は何となく分かっていました。何十年ぶりのラブホテルは洗練されていて、異空間のようでした。若すぎる子はちょっと苦手なので、30代くらいをお願いしました。来たのはホステス風の子で、スタイルがすこぶる良かったのです。脱がすと古女房とは雲泥の差です。奇麗な乳房が目の前にあるのです。じっくりともんだり、舌先で乳首を刺激したりいろいろやりました。父の日は乳の日となったのでした。